Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C594]

>JOSE26さん
ありがとうございます。
ハナモグラ!いやーほんとびっくりするぐらいハナモグラですね(爆)
言われるまで全然気づかなかったんですけど、いわれたらほんと似てる〜
タイトルハナモグラにすれば良かったかなぁ;

>アンソニーさん

ありがとうございます。音を感じるというのは嬉しいです。できるだけ"そこはかとないリアリティ"を感じる作品を目指しているので、そういう音まで想像してもらえるようなモノが出来て良かったです。
時間は追われてっていうのはまったく違ってただ単に自分の手が遅いだけです(苦笑

>おずねこさん
ありがとうございます。
はい。前作と共通の世界観の飛行機械を目指したので、デザインはもちろん塗装等できるだけ合してみました。デザイン自体色々影響は受けていますがジブリの飛行機械の影響は多大です。

>katoyaさん
ありがとうございます。
でも違うんです。少ない時間では無く、単純に自分の手が遅いんです; たぶんkatoyaさんなら自分と同じモノを作ってももっと短時間で仕上げられると思いますよ。

>小泉さん
ありがとうございます。
ローテクな機械って弱そうで不効率な感じなんですけど、温かみがありますよね。自分も今回そういうものを目指したのでそう感じてくれたのなら幸いです。見るからに洗練された現代的なデザインも別に嫌いじゃないんですけど、機械に入り込むアナログっぽさみたいなものが好きですのでそういうデザインを目指しました。飛ぶ速度も遅そうですよねこれ(笑

>熊さん
ありがとうございます。
こういう乗り物がたくさん空を飛んでる世界…確かにそういうのを妄想しながら作っています。戦闘用だけじゃなく、貨物船とか空中ドックとかもその内作りたいとか思ってますね。いつになるか不明ですが(苦笑

>トモザウルスさん
ありがとうございます。
今回飛行船艦っつーことで"帆"を付けたいなぁと当初から思っていたんです。でも前段階でメンドそうだなぁと思ってたらデザイン含め案の定メンドかったです(苦笑
帆を付けるにしても本体と違和感無いように設置するというかデザインするのに苦労しました。 でも面倒だったからこそ、そこを褒めて頂くとやった甲斐がありました。良かったです。
あ、そういえば確かに管楽器っぽさがありますね。意識はしていませんが管楽器の複雑なパイプ感みたいなもの好きですよ。塗装を変えたらまたたぶん全然違うものに見えるかもしれませんね。

>Ryo1さん
ありがとうございます。
背中の部分はああいうデザインは結構ステレオタイプとして存在してるんで、そういう雰囲気のデザインをいつか取り入れたいと常々思っていたので、今回挑戦しましたが、結局結構大変だった箇所ですね。工作よりもなんせ塗装がめんどくて…; 
各部の動きを想像してもらえるというのはすごく嬉しいです。ただ単にぴゅーんと飛ぶとか浮かぶじゃなしに、必死こいて離陸して、煙を吐きながら、色んな所が可動しながら飛ぶというのを意識しながら作りました。あと魚とかのヒレとかも動き含めて意識してます。

>えび師匠。
ありがとうございます。
欲しいとか最高のほめ言葉です。私も模型を作る前に当たり前ですけど、完成形を脳内妄想するわけですが、前提として「部屋に飾って違和感無くカッコイイ」というのを大体どの作品でも意識しています。






  • 2014-05-11 22:48
  • フォルゴーレ
  • URL
  • 編集

[C582]

wa~私がいずれやってみたかったものが其処にありますわ…

 ねえ!

    ちょうだい?
  • 2014-05-10 23:35
  • evizoli23
  • URL
  • 編集

[C530]

今回は大型艦ということでまた一段とデザインに目を引く箇所が増えていて魅力的ですね。帆やフィンも格好いいですが背中の部分なんかが特に好きですね。何よりそういった各部に動きを感じさせる要素が強く表現されていて空を飛んでいる姿が容易に想像できるのが素晴らしいなと思いました^^

[C492]

おお、まさに芸術品ですね!!硬質感のある本体の金属部分と、帆のようなやわらかい部分との対比がすごくかっこいいです!説得力と存在感があり、そして楽器のような雰囲気もある、すばらしく美しいデザインですね~!!
  • 2014-05-01 21:56
  • トモザウルス
  • URL
  • 編集

[C436]

前回の作品もそうでしたが、この重量を感じられるカラーリングと美しいデザインは本当に個人的に本当にもう素敵で大好きです! この機体たちが空を飛んでいる世界に行きたいです。作品も生で観たいです。
  • 2014-04-29 04:18
  • 熊人
  • URL
  • 編集

[C427]

前回に続き、このデザイン、細部の造形、素晴らしいです!大好きです。旧式な機械の不思議さと温かみも感じます。色も好みです。ヴィマナ最高!
  • 2014-04-28 22:54
  • 小泉
  • URL
  • 編集

[C416]

今回もカッコイイですね‼︎空中戦艦としての存在感が堪らないです。帆とか羽根とかのディティールも雰囲気有って良いですね。少ない時間で作成したようですが、そんな事は感じさせない作品だと思います。
  • 2014-04-27 14:08
  • katoya
  • URL
  • 編集

[C392]

これは完成度高いですね〜、前回の作品も拝見しましたが、世界観がしっかりしていて、安定のフォルゴーレさんワールドという感じ。
ジブリ系の飛行機械…というより、ナウシカの蟲っぽい動きが想像できて楽しい作品です。

[C345]

フォルゴーレさん、今回はお疲れ様でした。フォルゴーレさんの製作物はなんだかほんとに音を感じさせてくれる魅力がありますね。時間に追われていたはずなのに、組み合わされたパーツパーツの旋律がきちんと整っていると感じました。
  • 2014-04-25 01:55
  • Anthony obscura
  • URL
  • 編集

[C266]

フォルゴーレさん、前回のヴィマナに続く艶かしいラインシリーズ!
この金属的な質感の2作品を並べたらカッコいいだろうなぁ。
何かの映画とかにそのまま出て来そうですよね。
実は最初見た時に鼻先の風車見て”ハナモグラ”だ!!って
思いました(笑 すいません。。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

フォルゴーレ

フォルゴーレ『ヴィマナ"ハチドリ"/Vimana "Hummingbird"』


35-1.jpg


ヴィマナ(vimana)とは、古代インド最古の古典「リグ・ヴェーダ」叙事詩『ラーマーヤナ』および叙事詩「マハーバーラタ」に登場する、自在に空を飛ぶ乗り物のことである。(Wikipedia抜粋)

35-2.jpg


35-3.jpg


35-4.jpg


中〜大型の飛行船艦。蒸気のちからで離陸し、帆で風を受け、風に乗り船体横のフィンがオーニソプターのように羽ばたいて、船をコントロールします。

35-5.jpg


35-6.jpg


<制作>

前回のvol1の時の作品と同様の世界観で、前回は1/72スケールの一人乗り用の飛行艦でしたが今回は約1/144のスケールの飛行船艦をイメージして制作しました。主に胴体にRevellのエアバスベルーガやプラ材等いくつかミックス、その他帆などは日本丸、尾翼等プラ板。ディテールはプラ材やAFVジャンクパーツ等も使っています。突貫工事で塗装含め粗さが目立ちますがご容赦ください。名前はなんとなくナスカの地上絵のハチドリにシルエットが似てるかなーとさっき考えました。おそらくVimanaとはこの世界の飛行機械全般の総称のようなものなのかもしれません。


ブログ:REVOLVE GEAR MODEL

スポンサーサイト

コメント

[C594]

>JOSE26さん
ありがとうございます。
ハナモグラ!いやーほんとびっくりするぐらいハナモグラですね(爆)
言われるまで全然気づかなかったんですけど、いわれたらほんと似てる〜
タイトルハナモグラにすれば良かったかなぁ;

>アンソニーさん

ありがとうございます。音を感じるというのは嬉しいです。できるだけ"そこはかとないリアリティ"を感じる作品を目指しているので、そういう音まで想像してもらえるようなモノが出来て良かったです。
時間は追われてっていうのはまったく違ってただ単に自分の手が遅いだけです(苦笑

>おずねこさん
ありがとうございます。
はい。前作と共通の世界観の飛行機械を目指したので、デザインはもちろん塗装等できるだけ合してみました。デザイン自体色々影響は受けていますがジブリの飛行機械の影響は多大です。

>katoyaさん
ありがとうございます。
でも違うんです。少ない時間では無く、単純に自分の手が遅いんです; たぶんkatoyaさんなら自分と同じモノを作ってももっと短時間で仕上げられると思いますよ。

>小泉さん
ありがとうございます。
ローテクな機械って弱そうで不効率な感じなんですけど、温かみがありますよね。自分も今回そういうものを目指したのでそう感じてくれたのなら幸いです。見るからに洗練された現代的なデザインも別に嫌いじゃないんですけど、機械に入り込むアナログっぽさみたいなものが好きですのでそういうデザインを目指しました。飛ぶ速度も遅そうですよねこれ(笑

>熊さん
ありがとうございます。
こういう乗り物がたくさん空を飛んでる世界…確かにそういうのを妄想しながら作っています。戦闘用だけじゃなく、貨物船とか空中ドックとかもその内作りたいとか思ってますね。いつになるか不明ですが(苦笑

>トモザウルスさん
ありがとうございます。
今回飛行船艦っつーことで"帆"を付けたいなぁと当初から思っていたんです。でも前段階でメンドそうだなぁと思ってたらデザイン含め案の定メンドかったです(苦笑
帆を付けるにしても本体と違和感無いように設置するというかデザインするのに苦労しました。 でも面倒だったからこそ、そこを褒めて頂くとやった甲斐がありました。良かったです。
あ、そういえば確かに管楽器っぽさがありますね。意識はしていませんが管楽器の複雑なパイプ感みたいなもの好きですよ。塗装を変えたらまたたぶん全然違うものに見えるかもしれませんね。

>Ryo1さん
ありがとうございます。
背中の部分はああいうデザインは結構ステレオタイプとして存在してるんで、そういう雰囲気のデザインをいつか取り入れたいと常々思っていたので、今回挑戦しましたが、結局結構大変だった箇所ですね。工作よりもなんせ塗装がめんどくて…; 
各部の動きを想像してもらえるというのはすごく嬉しいです。ただ単にぴゅーんと飛ぶとか浮かぶじゃなしに、必死こいて離陸して、煙を吐きながら、色んな所が可動しながら飛ぶというのを意識しながら作りました。あと魚とかのヒレとかも動き含めて意識してます。

>えび師匠。
ありがとうございます。
欲しいとか最高のほめ言葉です。私も模型を作る前に当たり前ですけど、完成形を脳内妄想するわけですが、前提として「部屋に飾って違和感無くカッコイイ」というのを大体どの作品でも意識しています。






  • 2014-05-11 22:48
  • フォルゴーレ
  • URL
  • 編集

[C582]

wa~私がいずれやってみたかったものが其処にありますわ…

 ねえ!

    ちょうだい?
  • 2014-05-10 23:35
  • evizoli23
  • URL
  • 編集

[C530]

今回は大型艦ということでまた一段とデザインに目を引く箇所が増えていて魅力的ですね。帆やフィンも格好いいですが背中の部分なんかが特に好きですね。何よりそういった各部に動きを感じさせる要素が強く表現されていて空を飛んでいる姿が容易に想像できるのが素晴らしいなと思いました^^

[C492]

おお、まさに芸術品ですね!!硬質感のある本体の金属部分と、帆のようなやわらかい部分との対比がすごくかっこいいです!説得力と存在感があり、そして楽器のような雰囲気もある、すばらしく美しいデザインですね~!!
  • 2014-05-01 21:56
  • トモザウルス
  • URL
  • 編集

[C436]

前回の作品もそうでしたが、この重量を感じられるカラーリングと美しいデザインは本当に個人的に本当にもう素敵で大好きです! この機体たちが空を飛んでいる世界に行きたいです。作品も生で観たいです。
  • 2014-04-29 04:18
  • 熊人
  • URL
  • 編集

[C427]

前回に続き、このデザイン、細部の造形、素晴らしいです!大好きです。旧式な機械の不思議さと温かみも感じます。色も好みです。ヴィマナ最高!
  • 2014-04-28 22:54
  • 小泉
  • URL
  • 編集

[C416]

今回もカッコイイですね‼︎空中戦艦としての存在感が堪らないです。帆とか羽根とかのディティールも雰囲気有って良いですね。少ない時間で作成したようですが、そんな事は感じさせない作品だと思います。
  • 2014-04-27 14:08
  • katoya
  • URL
  • 編集

[C392]

これは完成度高いですね〜、前回の作品も拝見しましたが、世界観がしっかりしていて、安定のフォルゴーレさんワールドという感じ。
ジブリ系の飛行機械…というより、ナウシカの蟲っぽい動きが想像できて楽しい作品です。

[C345]

フォルゴーレさん、今回はお疲れ様でした。フォルゴーレさんの製作物はなんだかほんとに音を感じさせてくれる魅力がありますね。時間に追われていたはずなのに、組み合わされたパーツパーツの旋律がきちんと整っていると感じました。
  • 2014-04-25 01:55
  • Anthony obscura
  • URL
  • 編集

[C266]

フォルゴーレさん、前回のヴィマナに続く艶かしいラインシリーズ!
この金属的な質感の2作品を並べたらカッコいいだろうなぁ。
何かの映画とかにそのまま出て来そうですよね。
実は最初見た時に鼻先の風車見て”ハナモグラ”だ!!って
思いました(笑 すいません。。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Tobanairiyuu  (JOSE26)

Author:Tobanairiyuu (JOSE26)
「飛ばない理由Vol.3」会場です。(2015)

カレンダー

01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。