Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tobanairiyuu.blog.fc2.com/tb.php/29-3ab2ba80

トラックバック

コメント

[C194]

発掘されたメカ、遺伝子の適合によって起動する、という設定がいいですね!写真の色味も演出に一役買っていて素敵です。
  • 2013-04-05 23:23
  • 小泉
  • URL
  • 編集

[C120]

ストーリーがとてもおもしろいですね。作品と相まって素敵です。一人乗りのすっぽり感が良い感じです。ただ機体が黒く汚れてるのに対してデカール部分(マーキング)が浮いてる感じがするのでそこは気になっちゃいました。
フィギュア2種類作ったのしょうか?すごいですね。それでさらにストーリーを感じさせますね。
  • 2013-03-16 14:03
  • フォルゴーレ
  • URL
  • 編集

[C117]

錆びてる感じの塗装とゴールドであしらわれたエンブレムがとても魅力的です。
ホントに金属で出来てるかのような質感です。
製作お疲れ様でした。
  • 2013-03-16 11:59
  • あざらし
  • URL
  • 編集

[C78]

このSchweinswal、かなりシンプルなデザインだと思うのですが、いつまで見ていても飽きない不思議な魅力が溢れていて大好きです。塗り込まれた機体表面の質感は思わず触ってみたくなりますがグニャリとした配管やチラ見せのコイル部分なども味わい深くていいですねえ。そしてフィギュアを絡めた雰囲気抜群の写真と思わず引き込まれるストーリーがまた格別に素晴らしくてちょっと羨ましく思います♪

[C76]

おおお、繊細な模型がBookになっています。見事なBookに・・・
エーリッヒ・・・、今日は何処の空?
次号の発売日を問い合わせしたいところです!
  • 2013-03-14 13:18
  • Anthony obscura
  • URL
  • 編集

[C56]

物語仕立てなサイドストーリーが是空さん節と言いますか作品との雰囲気がバッチリ合っていてさすがです!
フィギュアも久し振りに48塗られたとの事でしたが、格好良い仕上がりになってますし、ストーリーに合わせ複数体作られていたり芸が細かい!この辺も是空さんらしくて素敵です♪
  • 2013-03-13 09:17
  • FuMa
  • URL
  • 編集

[C54]

シンプルな機体の配色とパイロットの対比が面白いですね。フィギュアの表情がすごく生きてる感じ。
場面に合わせてフィギュアも用意したんだねー。すごいー。
  • 2013-03-13 00:29
  • いそじマ
  • URL
  • 編集

[C31]

先日、イルカは人間と同じように相手を個体名で呼び合うという記事を読みました。名前は口笛の音色だそうです。
ハルトマンとイルカの交信、なんとも夢のあるストーリーですねぇ。
機体のデザインも、特に配管の奇妙なウネリが流線型の胴体にマッチしてて素晴らしいと思いました!
  • 2013-03-12 10:07
  • キラキョロ
  • URL
  • 編集

[C26]

パイロットと機体の関係が何らかの血を受け継ぐ者なのか、輪廻転生なのか因果を感じるな~
  • 2013-03-11 23:13
  • えび反り23度
  • URL
  • 編集

[C2]

是空さん、乙です!
編集中も文章読みながら写真入れて行ったんですけど
じんわり来る感じで上手いっす!
ストーリーと作品の写真が上手くマッチしてますよねぇ。
次はボクもこうありたいなぁ〜
  • 2013-03-10 22:38
  • JOSE26(ホセ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

是空

是空 『Schweinswal』


ルードヴィッヒ・ハルトマンはテストパイロットである。

パイロット仲間には何故か「エーリッヒ」と呼称

されるが何故かはしらない。

今日、整備士に「エーリッヒ、今日はいつもとは

違う機体だってな」と声をかけられるまで、船尾

に格納されている試験用のヴァンシップへ向かうところだった。


2-1.jpg



整備区画を抜けた処では普通の整備作業とは

雰囲気の違う作業を行っているものに会釈され、彼が

目で指し示した処にそれは有った。彼は強い訛りがあった

が辛うじて"・・・Schweinswal"と言ったのは聞きとれた。



Schweinswal、スナメリ?大昔に"海"に住んでいた

中型動物?勿論見たことなど、ない。



つくづくと機体を眺めると何時も乗っているヴァンシップ

とは随分違う事に気がついた。先ず、クラウディア機関らし

きものがない。そのかわりに大げさなコイルのような形状の

ケースに何かが収められているようだ。そして配管がまた

なんとも適当に接続されている。生えている、というのが正しい

気さえする。



そして機体全体の色。素材が何なのかもわからない。

機体横には見慣れない紋章が書かれている。


2-2.jpg


武装は?降着装置は?疑問があれこれ沸いているくるより

先に整備士が言った"Schweinswal"は接続されていた配管

を次々に外され、ルードヴィッヒの搭乗を待つばかりとなった。


2-3.jpg



そういえば昨日、上長より「今回の飛翔は特別なものになる」

と言われたのを思い出した。コクピットにもぐりこみ通常の手順で

起動させる。起動してしまえば震動もすくなく、聞きなれたクラウディア

ノイズもない、静かなものだった。


2-4.jpg



格納庫の扉が開いた。今日は空も凪いでいない。

スロットルを開き、上昇を促すと歓喜の鳴き声のような甲高い

音をたててスムーズに加速する。

伝声管ががなっている。


2-5.jpg



「すごいぞ、初めてだ。こいつ飛ぶぞ!」



ルードヴィッヒは何の事かわからない。



「ルードヴィッヒ、良くやった。貴様は適合だ。遺伝子配列の

パターンでもしや、とは思ったが。」



尚も伝声管がしゃべっている。



「その機体はな、百数十周期前に発掘されて以来解析を

進めてどうやら飛翔する機体という事はわかっていたが、テストを

行うにも誰が搭乗してもぴくりとも動かなかったんだ。だから本当に

飛ぶのかもわからない状態で維持だけしてきていたんだ」





【今までの場所は窮屈でね】



聞いたことのない声がささやいた。



【ひと眠りしていたらなんだか色々と変わったようだね。】



【飛ぶっていうけれど私からすればこれは"泳ぐ"って事なのだが】



ルードヴィッヒは知らない声にも別に驚かなかった。

そしてそっと呟いた。



「飛ばない理由、ね。」少し微笑んでスロットルを圧し込んだ。


2-6.jpg



無事試験飛行を終えたルードヴィッヒは異例の二階級特進を受けた(右手袖章に二本線)
が大して興味がなさそうだった。


2-7.jpg





( Blog : 直列4気筒)





スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tobanairiyuu.blog.fc2.com/tb.php/29-3ab2ba80

トラックバック

コメント

[C194]

発掘されたメカ、遺伝子の適合によって起動する、という設定がいいですね!写真の色味も演出に一役買っていて素敵です。
  • 2013-04-05 23:23
  • 小泉
  • URL
  • 編集

[C120]

ストーリーがとてもおもしろいですね。作品と相まって素敵です。一人乗りのすっぽり感が良い感じです。ただ機体が黒く汚れてるのに対してデカール部分(マーキング)が浮いてる感じがするのでそこは気になっちゃいました。
フィギュア2種類作ったのしょうか?すごいですね。それでさらにストーリーを感じさせますね。
  • 2013-03-16 14:03
  • フォルゴーレ
  • URL
  • 編集

[C117]

錆びてる感じの塗装とゴールドであしらわれたエンブレムがとても魅力的です。
ホントに金属で出来てるかのような質感です。
製作お疲れ様でした。
  • 2013-03-16 11:59
  • あざらし
  • URL
  • 編集

[C78]

このSchweinswal、かなりシンプルなデザインだと思うのですが、いつまで見ていても飽きない不思議な魅力が溢れていて大好きです。塗り込まれた機体表面の質感は思わず触ってみたくなりますがグニャリとした配管やチラ見せのコイル部分なども味わい深くていいですねえ。そしてフィギュアを絡めた雰囲気抜群の写真と思わず引き込まれるストーリーがまた格別に素晴らしくてちょっと羨ましく思います♪

[C76]

おおお、繊細な模型がBookになっています。見事なBookに・・・
エーリッヒ・・・、今日は何処の空?
次号の発売日を問い合わせしたいところです!
  • 2013-03-14 13:18
  • Anthony obscura
  • URL
  • 編集

[C56]

物語仕立てなサイドストーリーが是空さん節と言いますか作品との雰囲気がバッチリ合っていてさすがです!
フィギュアも久し振りに48塗られたとの事でしたが、格好良い仕上がりになってますし、ストーリーに合わせ複数体作られていたり芸が細かい!この辺も是空さんらしくて素敵です♪
  • 2013-03-13 09:17
  • FuMa
  • URL
  • 編集

[C54]

シンプルな機体の配色とパイロットの対比が面白いですね。フィギュアの表情がすごく生きてる感じ。
場面に合わせてフィギュアも用意したんだねー。すごいー。
  • 2013-03-13 00:29
  • いそじマ
  • URL
  • 編集

[C31]

先日、イルカは人間と同じように相手を個体名で呼び合うという記事を読みました。名前は口笛の音色だそうです。
ハルトマンとイルカの交信、なんとも夢のあるストーリーですねぇ。
機体のデザインも、特に配管の奇妙なウネリが流線型の胴体にマッチしてて素晴らしいと思いました!
  • 2013-03-12 10:07
  • キラキョロ
  • URL
  • 編集

[C26]

パイロットと機体の関係が何らかの血を受け継ぐ者なのか、輪廻転生なのか因果を感じるな~
  • 2013-03-11 23:13
  • えび反り23度
  • URL
  • 編集

[C2]

是空さん、乙です!
編集中も文章読みながら写真入れて行ったんですけど
じんわり来る感じで上手いっす!
ストーリーと作品の写真が上手くマッチしてますよねぇ。
次はボクもこうありたいなぁ〜
  • 2013-03-10 22:38
  • JOSE26(ホセ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Tobanairiyuu  (JOSE26)

Author:Tobanairiyuu (JOSE26)
「飛ばない理由Vol.3」会場です。(2015)

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。