Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tobanairiyuu.blog.fc2.com/tb.php/13-fc1d78ef

トラックバック

コメント

[C193]

制作途中画像もブログで拝見していました。ヴァンシップのアレンジ案として凄くかっこいいと思いました。トップ画像のアングルとか最高にいいですね!
  • 2013-04-04 03:59
  • 小泉
  • URL
  • 編集

[C178]

ツルツル感とゴチャゴチャ感の同居がバランスよくまとまっていてすごくかっこいいですね。ん?PGのヒートホーク2連装!ゼイタクな(^Д^)!それにしても美しいラインですね。優雅エレガント!スンバらしい!
  • 2013-03-27 09:24
  • いそじマ
  • URL
  • 編集

[C168]

月の住人の忘れ形見ってなんかそそられるエピソードを期待してしまいます。
機体も’60レトロフューチャーの雰囲気があっていい感じ~
  • 2013-03-22 20:03
  • えび反り23度
  • URL
  • 編集

[C126]

自分の中でノイさんの作品はゴチャメカ感だったり、汚し塗装のイメージだったのですが、それをいい意味で裏切ってくれました。なめらかで綺麗な機体ですね。人が乗ってるのも見てみたかったです。
  • 2013-03-16 14:40
  • フォルゴーレ
  • URL
  • 編集

[C115]

洗練されたフォルム、様々な素材を使用しているにもかかわらず、違和感を全く残さない製作テクニック。この世にすでに存在していて飛び回っていると錯覚させてくれるマシンです。
  • 2013-03-16 03:32
  • Anthony obscura
  • URL
  • 編集

[C86]

俺ヴァンシップ、かっこいいデザインですね~!
オリジナルをジャンクパーツで構成するときに左右の対称性を確保するのが本当に難しかったと思いますが、
艶やかな流線型で見事にまとめあげられていて素晴らしいと思いました!
  • 2013-03-14 17:54
  • キラキョロ
  • URL
  • 編集

[C79]

貝殻が集まったようなデザイン、白と黒のコントラストがキレイでどこかアート作品のような上品さを感じます。形は全然違いますけど昔のナビゲイターって映画を思い出しました。デザインやキーワードからこの破裂の飛行船が存在した本来の時代、文明を想像すると楽しいですね♪ あとBANG-SHIPっていうネーミングにはヤラれました(笑) 再開楽しみですねえ^^

[C18]

ノイさん、
これジュアッグの頭がそこにあるってことはかなりデカイんですよね?
いやこのサイズでこの曲線に艶仕上げ。
お疲れさまでした!
  • 2013-03-11 00:22
  • JOSE26(ホセ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ノイ

ノイ 『BANG-SHIP(バン・シップ:破烈の飛行船)1/20スケール』


18-1.jpg


機体にまつわる話:
遙かな未来のまるで荒野と化した地球では、その過酷な環境に適用させようと改造された
新しい人類と、その新人類がブルーストーンと呼ばれる青い鉱石を採掘し、それと交換に
ガソリンエンジンで動く機械を供給し彼らを支配しているドーム都市の中でしか生活でき
ない旧人類の特権階級が存在した。
特権階級の定期的な儀式である「光の昇天」と呼ばれるブルーストーンを載せたロケット
の月への打ち上げ。
その「光の昇天」が迫ったある日のこと、特権階級のドーム都市の中の倉庫の片隅で偶然
発見された一人乗りの乗り物らしき謎の機械。
特権階級のエンジニア達が過去の文明から技術を継承しているのは化石燃料による内燃機
関のみだったため、初めて見る謎のテクノロジーで動くらしい乗り物だった。
特徴的な機体後部に伸びた中空の菅状のフレーム(?)に何かを循環させて揚力(もしく
は浮力)や推力を発生させるのかもしれないことまでは分析できたが、それ以上のことは
さっぱり分からなかった。
それ以上の機体の分析は「光の昇天」が終わった後に再開することになった。
ところが「光の昇天」が無事終了した後、謎の機械がこつ然と消えていた。

その後の特権階級のエンジニア達の噂では、その時の「光の昇天」は不思議なことにブル
ーストーンの積載量が若干減らされ次回の儀式に回されたにも関わらず、ロケットの発車
前の総重量は前回と変わらなかったらしい。

発見された謎の乗り物は月の住人の忘れ物だったとゆうことにして、それ以降その話題は
タブーとなった。

特権階級に地球からブルーストーンを運ばせる月の住人たちは、氷に覆われていた南極大
陸の時代、その南極大陸に秘密基地を作り、ブルーストーンを採掘し、そして月への移住
計画を企てていた人類の末裔とゆうこと以外は分かっていない。

はたして破裂の飛行船が地球で「飛ばない理由」となった。


18-2.jpg


18-3.jpg


18-4.jpg


機体解説:
制作記事:
ハセガワ様からヴァンシップのインジェクションキット化記念で何のひねりもないですが
俺ヴァンシップです。
ネーミングは来月から連載が再開されるらしい某漫画の破裂の人形から拝借しました。
ツルピカ仕上げは本当に根気のいる作業で、時間に余裕を持たないとダメだとゆうのを今
回痛感しました。
機体前部左右に取り付けたジュアッグの頭部ヘッドを使ったパーツの仕上げがまったく納
得のいく仕上げができなかったのが悔やまれ、かつ反省点です。
タミヤ缶スプレーのレーシングホワイトはオイラには鬼門なのかもしれません!?(^^;;;

主な使用キットや素材など
 ペガサス製 1/18 ブラボー火星人 マーティンおじさん&宇宙船
 ハセガワ様 たまごひこーき ヒューズ500
 ハセガワ様 1/20 ファルケ
 ハセガワ様 1/8 クレルジェ・エンジン
 バンダイ製 1/60 PGザクのヒートホーク
 バンダイ製 1/72 ズワース
 バンダイ製 1/144 ジュアッグ
 ウェーブ製 1/20 ガンス
  タミヤ製 1/35 M4A3シャーマン戦車
 100均製 ハミガキセットのケース、調合スプーン
 その他ジャンクパーツ




( Blog : お気楽お手軽オリジナル?)




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tobanairiyuu.blog.fc2.com/tb.php/13-fc1d78ef

トラックバック

コメント

[C193]

制作途中画像もブログで拝見していました。ヴァンシップのアレンジ案として凄くかっこいいと思いました。トップ画像のアングルとか最高にいいですね!
  • 2013-04-04 03:59
  • 小泉
  • URL
  • 編集

[C178]

ツルツル感とゴチャゴチャ感の同居がバランスよくまとまっていてすごくかっこいいですね。ん?PGのヒートホーク2連装!ゼイタクな(^Д^)!それにしても美しいラインですね。優雅エレガント!スンバらしい!
  • 2013-03-27 09:24
  • いそじマ
  • URL
  • 編集

[C168]

月の住人の忘れ形見ってなんかそそられるエピソードを期待してしまいます。
機体も’60レトロフューチャーの雰囲気があっていい感じ~
  • 2013-03-22 20:03
  • えび反り23度
  • URL
  • 編集

[C126]

自分の中でノイさんの作品はゴチャメカ感だったり、汚し塗装のイメージだったのですが、それをいい意味で裏切ってくれました。なめらかで綺麗な機体ですね。人が乗ってるのも見てみたかったです。
  • 2013-03-16 14:40
  • フォルゴーレ
  • URL
  • 編集

[C115]

洗練されたフォルム、様々な素材を使用しているにもかかわらず、違和感を全く残さない製作テクニック。この世にすでに存在していて飛び回っていると錯覚させてくれるマシンです。
  • 2013-03-16 03:32
  • Anthony obscura
  • URL
  • 編集

[C86]

俺ヴァンシップ、かっこいいデザインですね~!
オリジナルをジャンクパーツで構成するときに左右の対称性を確保するのが本当に難しかったと思いますが、
艶やかな流線型で見事にまとめあげられていて素晴らしいと思いました!
  • 2013-03-14 17:54
  • キラキョロ
  • URL
  • 編集

[C79]

貝殻が集まったようなデザイン、白と黒のコントラストがキレイでどこかアート作品のような上品さを感じます。形は全然違いますけど昔のナビゲイターって映画を思い出しました。デザインやキーワードからこの破裂の飛行船が存在した本来の時代、文明を想像すると楽しいですね♪ あとBANG-SHIPっていうネーミングにはヤラれました(笑) 再開楽しみですねえ^^

[C18]

ノイさん、
これジュアッグの頭がそこにあるってことはかなりデカイんですよね?
いやこのサイズでこの曲線に艶仕上げ。
お疲れさまでした!
  • 2013-03-11 00:22
  • JOSE26(ホセ)
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Tobanairiyuu  (JOSE26)

Author:Tobanairiyuu (JOSE26)
「飛ばない理由Vol.3」会場です。(2015)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。